<   2014年 01月 ( 36 )   > この月の画像一覧

あきらめない(続き)

コーチの「ポイントボール」で、印象的だったのは、次の二つ。
・私のボールが浅くなった時:ネット際に落として、バウンドしてからさらにネット側に戻るようなドロップショット。
・私の打ったボールに球威の無い時:コーナー深く、外へ逃げていくようなスピンボール。

前に走ることはいくらでもできるが、
高い軌道を描いてコーナーに向かい、
ライン際で落ちて、さらに外へ外へと高く逃げていくボールに対しては、
もう追いかける気力も奪われる。「ああ、ダメだ、こりゃ」と…がっくし。

「ボールのスピードは遅いでしょ?追いかける時間はいくらでもあるはずです。
とりあえず、ラケットを出してみる、
届かないかもしれないし、
空振りかもしれないし、
ボールに当たったとしてもフレームかもしれない、
でも、もしかしたら、高い打点で打ち込めるかもしれない。
まずはあきらめないで、ボールを追いかけて、何度も何度もラケットを出してみて。
そこからテニスは始まります。」

あきらめない、足が動かないなら、せめてラケットだけでもボールに向かって伸ばしてみる。
これって、テニスに限らず、何事に対しても言えることかもしれない。

ネットを挟んで、「お願いします」「ありがとうございます」と、何度、コーチから声をかけられたことだろう。
スポーツの原点に返るような、襟を正すような、そんな空気が常にあった。
教壇を挟んで、学生たちにこんな言葉をかける機会が最近の私にあったかな。

レッスンに臨む前に、心掛けたこと。
・弾むボール・回転系のボールはライジングで取る、
・コーチにゲームメイクされる前に、自分の方からボールのコースを変えてゲームの主導権を握る、
・前に出る時とステイする時の見極めをする、
・前に出たら、決めにいく、
今の自分にできることはできたと思う。

次のレッスンまでに、(余計なことで悩むのは止めよう!)トレーナーの助けも借りて筋力アップをする。
[PR]
by take_velo | 2014-01-31 16:29 | テニス | Trackback | Comments(0)

Pレッスン&グリップチェンジ

15回目のプライベートレッスンは、雨天のため、
いつものように踏み込んで打つことができなかった…(スケートリンク状態のコート)
しかし、せっかくのレッスン、今できることをする。
踏み込んで打つことができなければ、オープンスタンスで。
そして、このオープンスタンスストロークが、まだできる自分にちょっと感激。

バック側に振られた時、私は片手バックハンド(ストロークもボレーも)になる。
これも、昔にトライしたこと。
でも、体勢が大きく崩れてしまったら、ラケット面だけでうまく返球することができない。
コーチに尋ねてみると、「バック側に厚くグリップを握って」とのこと。
なるほど~~~!目からウロコ。
ボレーで、打ち込む時、素早くグリップチェンジして(フォア側に厚く)と、言われたこともある。
グリップチェンジは、
「通常のフォアストローク」と「フォアスライス&バックストローク&ボレー」
の2種類しか意識したことがない。
上級者は、もっと細かにグリップチェンジをしてるってことか。
テニスって、本当に奥が深い049.gif

春休み、体幹と足の強化トレーニングを勧められた。
脚は、ウエイト筋トレを欠かさない。
が、体幹は、腹筋60回のみ。
バランスボードもあることだし、体幹トレーニング、やろうか…(苦手=嫌い)。

PS 脚の調子が良いので、ランニングレースに出たくなってきた☆もちろん、クロスカントリー!!!
[PR]
by take_velo | 2014-01-31 07:33 | テニス | Trackback | Comments(0)

『生物と無生物のあいだ』

もう一冊、最近読んだ本、福岡伸一『生物と無生物のあいだ』(講談社現代新書)。

今朝の新聞第一面に、
30歳の女性研究者小保方さんが、iPSを超える万能細胞STAP細胞を発見・作製成功した、
との記事が載っている。
5年間、認められず信じられず誹謗され続け、何度も何度も夜を泣き明かしたらしい。

『生物と無生物のあいだ』には、
生物学の輝かしい進歩と発展の裏事情が、人間味あふれる視点から語られる。
ヒステリックで非協力的で「ダークレディ」と揶揄されてきたロザリンド・フランクリンの再評価の部分は
同じ女性として、深く共感する。

前世代に育った女性として、私は、
非難を受けると、しきりに自己反省する習性あり。
現代の女性は、自分の才能と信念を曲げずに、進み続ける勇気を持ってほしい。
そして、そんな女性をサポートする多くの男性・女性が周りにいることをうれしく思う。

この本の中では、多くの優秀な科学者たちが、なかなか正当な評価を得られずに、
それでもなお、黙々と研究をつづける姿が書かれる。
感動的である。
(野口英世のアメリカでの低い評価には、ちょっとびっくり。
短期的な功を焦るのは、日本というお国柄なのかなあ、とちょっと感じた。
小さい頃に何度も読んだ野口の伝記は、私の中では変わらないけれども)
[PR]
by take_velo | 2014-01-30 08:22 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

『なんで~?』

a0112944_15231238.jpg


中村江里子がフランス語で書いた本『NÂÂÂNDÉ!?』。
おもしろい。
10年でここまでフランス語が使えるようになったのだとしたら、すごい。

パリでの日常生活、フランス人の素顔が、女性の視線で語られます。
彼女はアナウンサーで、確か貴族の末裔と結婚したんだっけ。
私のように学者の身分で見るパリとはちょっと違うけど。
でも、パリに旅行して、
お店や地下鉄やレストランで、「なんで~~?」とショックを受けないために、
フランス語の勉強と思って、ぜひぜひ。

PS ボクシングのレッスン、打ち合わせしてきました☆
「動体視力」と「瞬発力」と「運動連鎖」が身につくのだとか。
テニスのさらなるレベルアップを目指して。
(30分のシャドーボクシングは、激しすぎて私には無理だとか…
後半30分は、これまで通りボディケアでお願いしました)
[PR]
by take_velo | 2014-01-30 07:49 | フランス・仕事 | Trackback | Comments(0)

女子ダブルス決勝(ロブは大事)

WOWOWオンデマンドで、全豪女子ダブルス決勝を見た。

パワーで勝るロシアチームを、イタリアチームが技で勝った。
競り合う面白いゲームだったが、
前へ前へ、と気持ちが焦るロシアチームの上を面白いほど抜けるロブの勝利、
そんな展開の最終セットだった。
正確にコントロールできるロブは、
(あんなに長身の選手に対してさえ)攻撃的なショットになる。

最近、ロブの練習をしていないので、
スライスロブもスピンロブも正確性を欠くようになってきた。
ロブをスマッシュで返す練習とともに、意識して打つようにしよう!

今日は、ボクシングレッスンのスケジュール合わせ。
テニスも、(グループレッスンを受ける代わりに)Pレッスンをもう一日増やそうと思っている。
[PR]
by take_velo | 2014-01-29 07:16 | テニス | Trackback | Comments(0)

3列ボレーストロークの練習はした(くな)い

ボレーヤーとストローカーが交互に3列入って、ストレートで打ち合うレッスン、
参加しないように気を付けている。
ボレー中、斜め後ろのストローカーのボールで、
後頭部とふくらはぎを負傷したことあり。

だが、私が初めて入ったレッスン(11年前!)は、この3列ボレースト練習が主だった。
(ただし、ボレーヤーは3列同じサイドのコートに立つ。後ろからボールが飛んでくるリスクはなし)
実はその頃、私を含めて多くの生徒が一番好きな練習だった。
ただし、足を使ってボールを運ぶボレーができないとダメ。
ラケットを振りきってボールをコントロールできるストローカーでないとダメ。
私一人、ボレーができなくて、
他の生徒たちが怒りだす前に、コーチが大声で私を叱りまくっていた。
ボレー→叩くな。当てるな。同じスライスボールの軌道で、相手のベースラインに打ち続けろ。

その後、いろいろなレッスンを受けてきたが、
一番最初に入ったこのクラスが、一番レベルが高かったという皮肉な事実…

試合をするようになった現在、
ずっとコーチに怒られてきた、「叩くボレー」や「当てるボレー(ドロップボレー)」が、
ポイントを取るための「決めボレー」であることに気が付いた。
レッスン中、全くラリーを続けられない生徒たちが、
ゲームになると人が変わったかのように勝ち始める。

最初に入ったクラスが懐かしくなる。
このテニススクールでは、日本ランキング30位以内の選手たちがコーチとして働いている。
グループレッスンに求めるもの:
勝つためではなく、上手くなるためのレッスン。
ボールを介しての、いろいろな方たちとのコミュニケーション(ラリー)。

PS シングルスをするようになってから、3列ボレースト練習の最中、
3つのボールを同時に目が追うようになった。
元々、相手のポジションを瞬時に脳に焼き付ける動体視力あり。
目が疲れ、頭が痛くなる…
[PR]
by take_velo | 2014-01-29 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

ひとりで

税金関係の書類を作成する時期になって、
ごそごそと、書類箱をあさっていたら、
子どもからもらった古い手紙の束を見つけた。

小学校に上がる前、みようみまねの文字で一生懸命に書いてくれた手紙、
すっかり大きく成長してからも、おりある度にくれた達筆の手紙…
そこにはいつも「ママ、頑張って」のメッセージが。
ぼろぼろと、不覚にも泣いてしまった。

今、フランス語で宮部みゆきのDu sang sur la Toileを読んでいる。
原題はShadow Familyとあるが、そんな題名の作品はなく、『R.P.G.』の英訳タイトルと知る。
この作品は、スペイン語にも訳されている。
ネットで架空家族を作っていた男性が殺されるところから話は始まるのだが、
浮気を繰り返す男性、それを見て見ぬふりして結婚生活を続ける妻、両親の生き方を拒絶する優等生の娘、
ネット依存症・社会不適応の「架空息子」、男性に依存する「架空娘」…などなど、
きっと、日本独自の家族形態に外国人は興味を持つんだろうな。

TOEIC、一冊終えました。
仕事をしながらだったので、達成感あり、休暇に入って2冊目に突入。

中期エジプト語復習終了、
いろいろな人から、簡単な入門セミナーを開いて、と頼まれる(笑)。

ラテン語文法、3章(動詞)に入る。
せっかくだから、学校に通おうかなあ、と思って問い合わせると、
なんと3時間で1万5千円ほどかかる…
エジプト語は、24時間全講座、無料だったのになあ。
(しかも、ヒエログリフを教えることのできる先生は日本にはほとんどいないと想像される…)
ラテン語は、基礎があるので独学可能。1万5千円はもったいない。

クリス・ギレボーの『1万円起業』を読んでいる。
ブログを始めたのは、「老後の私にできることは何だろう」の答えが知りたかったから、
外国に行くたびに、「書くことを仕事にしたらいいのに」と言われるから。
(亡くなった父も、ずっと同じことを言っていた)
外国語講師なので、日本語で書いたり読んだりする機会が本当に少ない。
毎日、ブログで文章を書き続けることは、良い習慣なんだけど。
Shadow Familyを読みながら、ネットの世界に違和感と居心地の悪さを感じる自分…

2か月を一人で過ごすのは悪くない。
今日は夜も一人なので、ふらりとプールに出かけて、帰りにテニスレッスンに行こうかな。
[PR]
by take_velo | 2014-01-28 00:00 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

今日のテニスの調子

「今日は絶好調」なんて言える日は永遠に来ない。
と分かっていても…

グリップを変えたので、打ち遅れたり打点が少しずれたり…
でも、今の打ち抜き感が好きなので、このまま続ける。

相手のスピンボールをライジングで返球できることも。
一歩下がって打てば、もう少し安定するんだろうが、このまま続ける。

ハイボレー、タイミングが早すぎ。
予測外のボール、(特に甘く返ってきたリターン)なかなか反応できず。

「練習会で、長いゲーム(セットゲーム等)を経験したらいいよ」、コーチから頂いたアドバイス。
実は、クラブには3つ以上入っているような気がする…が、スポーツは短時間で、効率よくしたい私、
めんどくさくて、常にひんしゅくの幽霊部員…(-_-;)

この春休み、瞬発力と反射神経を鍛えるために、ラダーではなく、
ボクシングに挑戦する。
サンドバックではなく、シャドーボクシングで。

PS ナダルの全豪決勝、最後まで試合を投げない精神力に感動した。
歳を取るにつれて、今の自分にできる最高のことをする、その大切さが身に沁みる。
ナダルと同じ時代にテニスができる幸せを。
[PR]
by take_velo | 2014-01-27 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

ポイント練習

秋から頼んでいる個人コーチのレッスン、毎回最後のメニューは、「ポイント」である。

センターに球出されたボールを、
逆クロスにコースを変えて打つことから(10分経過したら、今度はクロスへ)はじめる。
この、センターポジションから(逆)クロスに打つこと自体、私には課題。
ダブルステニスから始めているので、無意識にアレイを狙ってしまう。
短いと、さらに角度をつけられてしまう。
深くコーナーへ、できればフラットで伸びるボール、あるいは回転をかけて弾むボールが打てればいい。
そして、ネット前に出ると、
「おッ」と伸びたコーチのラケット面が、ボールに当たる瞬間角度を変える、
この、予想外のコース(ロブも含めて)、間延びしたボールを一歩も追うことができない。

最初のボールで、良いボールが打てても、結局、ポイントは取れない。
甘いボールになったら、次の展開は全く読めない。お手上げである。
しかも、一発で決めれるときも無理をせず、「その次」で手堅く決めてくる余裕がある、
だから、このコーチにミスは少ない。

女子シングルスでは、センターでの打ち合いになることが多い。
そのまま「守り」に入って、相手のミスを待つのもありだが、自分のしたいテニスではない。
(逆)クロスへと良い球を打ってみずから試合をメイクし、ポイントにつなげる勝ちパターンを知りたい。

レッスン後、何度も何度も、「あの時はどうすればよかったんだろう」と、シミュレーションを繰り返す。
60分のレッスンは、結局、自分にとっては300分くらいのレッスンになる(笑)。

PS 職場の会議で、すこし考えるところあり、
悶々としていたら、
帰宅してナダルVSフェデラーの試合をみる。
…ナダル、すごい。
私も、自分の取り組むべきことに、逃げずに真摯に全力を尽くしてがんばる。
[PR]
by take_velo | 2014-01-26 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

左肩痛

ハムストリングスの違和感は完全に消えた。
グループレッスンの参加人数が多く、
まったく足を使っていない証拠?
でも、走っていて身体が軽い。うれしい☆

最近、テニスをした翌日、左肩(首?)に違和感がある。
右手打ちなのに、なぜ左?
サーブやスマッシュで左手を高く上げるからかなあ…

そして、月曜日あたりから、花粉症の症状が…
はやすぎないか?
[PR]
by take_velo | 2014-01-25 00:00 | フィットネス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧