<   2016年 06月 ( 53 )   > この月の画像一覧

今日のテニス練習 スピンロブ

プライベートコーチは、どこに打たれてもしっかり走ってしっかり相手のいるところに返せ、フットワークとコントロールのダブル練習になるから、と言う。
シングルスプライベートコーチは、どんなラリー練習でもポイントを取りに行け、組み立てて攻めろ、と言う。

今の私に欠けているは、ポイントを取りに行く姿勢だと思うから、相手の嫌がることをあえてする。攻撃するようにしている。
今日は、アプローチで出てくる相手に対して、延々とスピンロブを上げ続けた。
「短くなってもいいよ。まずは高さを出すことに注意して、振り切って」と、コーチではなくレッスンメイトに教えてもらって。
私がアプローチに出た時、彼にトップスピンロブを上げられて、
スマッシュにも入れず、ブロックボレーも届かず、あきらめるしかなく、ほぞを噛む思いだった。このスピンロブ、はやくマスターしたい。
(ゲーム中も、彼に山なりのスピンボールを打たれ、前衛の私は後衛に「おねがい」したが、後衛も取れなかった。
「タケさん、今のは取れるやろ」と、彼に突っ込まれたが、
「いやいや、安易に手を出したら、回転系ボールはミスショットになるから」。
でも、二人で暗黙に、「スピンを返球できない後衛なら、バウンドする前に前衛が取った方が安全かな」)

わざと深いボールを打って、あるいは短いボールで体勢を崩させて、ロブを上げさせ、そのボールをスマッシュで叩くのが好き。
相手がロブの体勢に入るとわくわくする。
でも、スピンロブだけはやめて。もうこれはお手上げ。

ところで、並行陣って(嫌いだけど)私は「横割り」で習ったので、
後衛ポジションに入ったら、前衛の後ろスペースは(縦ロブは)回り込んでボレーする。
男子ダブルスは「縦割り」だから、男子ダブルスゲームにお邪魔する時は、センターの足元とショートクロスに意識を向ける。(たまにクロスロブを上げてくる人がいるが、これは喜んでスマッシュする)

今日の並行陣、私が前衛に入った時、
後衛ペア(男子)は縦ロブを追わなかったので、
私は一歩後ろにポジショニングした。
今度は、ショートクロスを攻撃され、後衛ペアはこのボールも追わなかった。
え。なに、それ? どちらも守らないの? 私にロブケアもショートクロスケア(予測できた時は、ネット中央にべた詰めしてポーチする)もさせるの? 

久しぶりに中級クラスにお邪魔したので、サービスゲームの時、「どこにサーブを打ちますか?」と、尋ねた。(いつも組む人たちは、私がファーストサーブで必ずポーチに出ることを知っている)
ポーチに出ても良いのか、ステイしてほしいのか、聞きたかったのだが、
きょとんとして、それから、「じゃ、ファーストはセンターに打とうかな」と言ったので、勇んでポーチした。が、コースは相手のクロス&フォアハンド側で、見事に私の横(ストレート)を抜けた。
え? まあ、いいけど。私もノーコンだし。
でも、「今のはフォルトだった」で、もめ始めた。
(-_-;) 私はサービスからの組み立てをしたいのに。フォルトでもインでもどちらでも(練習だから)いいんじゃないの。

と、ぐだぐだ書くが、水曜のレッスンメイトたちは、こんなぐだぐだを率直に話せるから好き。
はやく「受け放題」システムをやめて、いつものメンバーで静かにレッスンしたいなあ。

[PR]
by take_velo | 2016-06-30 18:42 | テニス | Trackback | Comments(0)

平日のボクシングジム

会費を払いにボクシングジムに行ってくる。
トレーナーのほかは誰もいず、マンツーマントレーニングになる(^O^)/

アッパーパンチ&ダッキングを教えてもらう。
スポーツジムのトレーナーとは全く違うよ、実践的。 試合を想定してる。
私の現トレーナーはアマチュアフィリピンチャンピオン。

ミット打ちしていると、トレーナーのフィリピン人友達がジムに遊びに来た。
なんとプロフィリピンチャンピオン(^O^)/
伊丹のジムで教えているらしい。
私のトレーナーと同じく、セブ島アラジムから来ている。
私の手にはめていたアラジムのグローブにサインしてくれた(^O^)/
縁とは不思議なもので、去年のセブ島旅行で立ち寄ったアラジム、以来、次から次へと人の輪はつながっていく。

私のボクシングも、本格的なコンビネーションになってきた(スピードは遅いけど)。
腹にずんずんこたえる!どんどんパンチが強くなる。

た、楽しい。楽しすぎる。
足の故障もすっかり忘れて。

[PR]
by take_velo | 2016-06-30 15:59 | ボクシング | Trackback | Comments(0)

たくさん打っても上手くならない

スクールレッスン後、「タケさん、このクラスにいる意味無いよ」と、まっすぐな言葉をくれたのは、アメリカ人。
なんで今まで気がつかなかったんだろう、はっと目が覚めた。

ボールコントロールできない人とラリーするのは嫌じゃない。
振り回し練習だと思っている。私は相手のいる半径50センチ以内に返すように意識している。
ポイントを失うことも多々ある。自分の未熟を反省する良い機会になる。

でも、毎日3時間4時間と、受け放題でレッスンを取っていても、全く上達していない姿を見るのはつらい。
それなりに「こなれて」きて、ゲームで勝てるようになっている分、
ビギナーレベルのテニスが身体に染み付き修正できなくなっている。

アメリカでは、ストロークを習得するのに10年かかると言われているらしい。
だからある意味仕方がない。
でも、私が心の中で思っていることは、プライベートコーチが私に言ってることといっしょ、
「たくさん打って、飛んでくるボールにその都度合わせている限り、絶対に上達しない。
故障するだけで、かえって遠回りすることになる。
上達したければ、僕のレッスンだけに来て」

「直球」で真実を告げてくれる人は貴重である。
そして、私のことを「友人」と呼んでくれて、ありがとう。
私も率直にまっすぐ生きていたい。

PS プライベートレッスンで「帰れ」と言われて、よっぽどショックだったのか、
いや、たぶん、本当に体調が悪いのだろう、高熱を出しそうな予感。
なんで、年を取ると定期的に発熱するんだろう。

[PR]
by take_velo | 2016-06-30 00:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

レッスン禁止(って)

月曜日にサーブの練習でパキッときた太もも裏、
テニス全体のレベルを落としている。
が、ポジション取りの工夫や、流し打ちでコースをつくことで、ゲームはタイで終了。
サーブも回転系は全くダメだが、フラットを素直に打つことでエースをとっていた。

でも、今日のプライベートレッスンは、コーチから「帰れ。帰って怪我を治せ」と追い返された(>_<)
言うこと聞かないなら、今後生徒としてみない、とまで。
どんだけ偉そうやねん、
私は大丈夫だと言ってるのに。
最後まで譲らず(*`へ´*)
「今、練習したら悪いフォームがつくだけだから。老人のタケさんは休め」(笑)

実は、スクールレッスン(プライベート前に別の場所で受講してます)が終わってから、
「なんでここにいるの?タケさんにそのレッスンは意味が無いやん」と、レッスンメイトに率直に言われた。
あまりの直球に、私も「うん、そうかな」とうなずいてしまった。
いつもは、イレギュラーショットでも自分のコートに落ちたら相手のポイント、負けは負け、と思っていた。
でも、どこに飛んで行くのかわからないボール、
後衛ペアの打つボールが手打ちで弱すぎて、前衛(私)の役目が全く果たせないゲーム、
「タケさん一人テニスのレベルが違うよ」と言われて、
素直にうなずいてしまった。

太もも裏に張りがあるだけで、
アウトミスが増え、
横に振られたボールが取れず、
回転がかからない。
でも、上手く脱力できるので、短いボールの処理やコントロールは増す。
サーブもエースの数は変わらない。(力んで強く打っても効果は変わらない)

今できることは、足以外のトレーニング、そして組み立てのイメージトレーニング、
来週には怪我も治しておく。

PS「タケさん、バックハンド上手くなったね」とほめられた。
まっすぐな言葉に、「ありがとう」と私も返していた。


[PR]
by take_velo | 2016-06-29 16:56 | テニス | Trackback | Comments(0)

ストロークのひねり始め

ストロークのひねりが、私はできない。
空気椅子に座っているように、
ジャンプして自然に着地した時のように、
軽くひざを曲げ、股関節を解放する。
(ってなんじゃ?)

ということを、マッサーに話すと、
「スクワットかな?」
と、すぐに動きを理解し、私の後ろに立って教えてくれた。
顔は前を向いたまま、下を向かない💦
腹を締めて体幹を固め💦
股関節を後屈させていく。
自然に身体が沈む。
お尻の穴を後ろに突き出す感じ。
う。太もも前が震えて姿勢をキープできない、後ろのマッサーが私を支えてくれる。

「股関節が硬いというより、
太ももの筋力が弱いというより、
体幹が弱すぎです!
テニスが上手くなりたいなら、腹筋しないと」
腹筋嫌いだよ(>_<)

その後、太もも裏の「張り」をオイルマッサージで流してもらう。
いてて。
「タケさん、きれいですよね〜」と、つぶやきながら。
へ? それは何の「罠」だ? ほめて筋肉の超回復を目指す? (笑)

[PR]
by take_velo | 2016-06-28 22:01 | テニス | Trackback | Comments(0)

サーブでトスを上げる左手の方向

サーブでトスを上げる時、
私の左腕と右腕の角度は90度くらいで、それが横打ちの原因だと言われて、
ほぼ180度、左腕→胸→右腕がまっすぐになるようにトスを上げろ、とPコーチに言われた。
(これって、身体の柔らかいPコーチだからできること)
どうにもこうにも窮屈で、トスを上げるのがとてもしんどい、そして安定しない。

今日のシングルスレッスンで、
左腕を右に少し寄せてトスを上げたらいいと、シングルスコーチに言われ、胸を若干閉じるようにして(左肩を内側に入れるようにして)トスを上げて打ってみた。ああ、楽だ。
(私は両肩が前に入っている猫背である)
高い打点でとらえたら「横振り」にもならないらしい。

打球音もよく、深くて良いサーブが打てるようになった。
と、その時、私の右足もも裏がべきっ、と。(昨日の20キロ山登りで限界に達していた)
左足は元気なまま。ということは、やっぱり私の身体は左に流れてしまって、左足うちももでストップがかかっていないということか(-_-;)💦

後半、縦半分コートの広さでジュニア女子と対戦した。
ぐりぐりのスピンを打つので、高い打点、できれば前に踏み込んでドライブボレーで打ち込んでいきたかった。
でも、右足の踏ん張りがきかないので、ストロークで返球する、そのストロークの安定しないこと💦
(ベテラン女子は、私がドライブボレーを打てるとわかると、
深いムーンボールから中ロブに切り替える。
短い山なりのボールは本当に処理が難しい。
ふかしたり、ネットしたり。
ミスなく打ち込めたら、今度はラケット面を合わせて深いロブを上げ、前に出た私の頭上を抜いてくる)
シングルスコーチは、どうやってポイントを取るか、実際にジュニア女子と対戦して見せてくれた。
私は、ラリーが単調で工夫が無く、組み立ても戦略もない。立ち位置についても考え無し。💦

(ウインブルドン1回戦テレビ中継で見た)奈良くるみのフォアストロークは、Pコーチが私に打たせたいボール。
でも、彼女も右太ももを故障していた。
ひねりとひねり戻しの腰の回転で打つには、股関節の柔らかさと太もも筋肉の強さが必要。

ラケット面をボールに合わせ、そこから打ちたい方向にラケットを出していく打ち方ではダメなんだろうか。楽だし、コントロール簡単だし、相手の嫌なところに流して打てば、簡単に勝てそうなのに。(「勝ちたい、○○さまになりたい」とPコーチに言えば、この打ち方になるのかな)
う~ん、でもやっぱり大好きな大坂なおみのように、そしてあこがれのヒンギスのように、
そんなテニスがしたいなあ。

横から家人が、
「いくらきれいなアタックが打てても、
ミスの多いひと、
トスが乱れた時に頭脳を使って攻撃に工夫できないひとは、試合には出せない!(怒)」と。
(-_-;)💦 それ、私のテニスだ。

いろいろな考えが、頭の中をぐるぐる回る。頭痛がしてきたので、
とりあえず、右足もも裏をなおそう。

[PR]
by take_velo | 2016-06-27 22:31 | テニス | Trackback | Comments(0)

私はシングルスに向いていない?

シングルスに向いているプレーヤーとは、
「無理をしないで」
「とりあえずつなぐ」
「基本ディフェンシブなプレーヤー」とあった。

すべて私の逆である。
私は、展開の速いスピーディーなテニスが好き。
「とりあえず」とか「1本つなぐ」とか「ムーンボールを上げて時間を稼ぐ」とか苦手。

男性と(あるいはしっかり打つ女性と)するシングルスは楽しい。
プライベートレッスンはシングルスを想定しているので、コートを走り回る。スカッと爽快。

でも、その後、スクールレッスンや親しい人たちとするダブルスはもっと楽しい。
特に、(女性も強打する相手との)ミックスダブルスや男子ダブルスに入れてもらってするゲーム。
駆け引きも、ポーチボレーも、パッシングも、ぜ~~~~んぶスリリング。

[PR]
by take_velo | 2016-06-26 18:44 | テニス | Trackback | Comments(0)

町石道を歩く20キロ

黒河道(くろこみち、橋本~高野山)に行きたかったのだが、
連日の雨でトレイルのコンディションが悪そうだったことと、疲れがたまっているのとで、
前回行った町石道(ちょういしみち、九度山~高野山)に行ってきた。

a0112944_18251241.jpg
ゴール地点の大門。
後ろに自転車乗りの集団が見えます。

2回目の今日は、道がぬかるんでいたこと、後半暑かったこと、そして、私の体調の悪さから、
本当に道が長く感じた。
プライベートコーチが「テニスを休め」と言うのも何となく理解できた。
テニスのパフォーマンスが上がらないこと(定着しないこと、結果の出ないこと)の大きな原因は、
私の身体にたまった疲労なのかもしれない。
(20キロ走るのは平気なはずなんだけど…下を向いてゼイゼイ言いながら歩き通しでした💦)

途中見つけたアジサイ、
a0112944_18251990.jpg
ヤマユリ
a0112944_18252466.jpg


[PR]
by take_velo | 2016-06-26 18:32 | | Trackback | Comments(0)

プロコーチって

スクールをやめて、個人的に同じコーチに週3回ついてもらったら、どうなるんだろう。
普段はインターネット上の情報を全く信用しない私なんだけど、
ちょっとネット検索してみた。
「テニスコーチ」から入り、すぐに「プロコーチ」にたどり着いた。

なるほど!!!
私の最初のコーチはプロコーチだよ。
4,5年ついたけど、厳しいコーチだった、最初のコーチとしては満足している。
「礼儀作法とは」から始まり(初めて打ち合う相手のどこに球出しするか。セルフジャッジはどうするか。ボールを取りに行くときはどうするか。などなど、きっちり教えてもらった。彼は、いつも「タケさんはいずれ試合に出ていくだろうから。もっとうまくなったら、いろいろな人と打ち合うことになるだろうから」が口癖だった。先入観だよなあ、と内心苦笑していたけど)、延々とボレーストローク練習ばかりだった。(サーブは、「さわるな。そのままでいいから」だった。ナチュラル回転がかかってダブルフォルトしなかったから)
それから、並行陣が多かった、今でも、縦ロブ処理の回り込み練習(落とさずボレーで処理して並行陣を崩すな)は役立っている。これ、やったこと無い人が多いんだな、と最近驚いている。

でも、彼は個人レッスンを取らない主義で、私はプライベートレッスンを求めて今のスクールに移ったんだった。
今のスクールの元ヘッドも、同じくプロコーチである。
現在、彼らのレッスンを受けたいかと言われると、答えはNo、だって、テニスが「古い」んだもの。
おもしろくないんだもの。
プロと言うよりは、「職業としてのコーチ」なのかな。

[PR]
by take_velo | 2016-06-25 13:36 | テニス | Trackback | Comments(0)

いつまで動けるのか

最近の世の中の流れは、「内向き志向」「自分と自分の周りの幸せが第一」のように思えて仕方ない。
でも、地球の資源には限りがあり、パイの取り合いに終始し共生を図らないと、破滅に向かうような気がする。
「異分子排除」は、細胞レベルですでに人間に刷り込まれていることだから、
教育とか文化とか意識とかの問題になってくるのだけど。

経済が停滞し、非正規雇用の私が職を失ったら、もうテニスどころではない。
労働条件が悪化し、家族の健康が損なわれたら、私もテニスは続けられない。
社会の不満分子がテロ化し、治安が悪化し、そして戦争が勃発することにでもなったら、テニスの存在そのものが危うくなる。

ということを、このブログで書いても仕方ないので、身近な話題に変えて。

久しぶりにストレッチを受けた。
(時間を守らないトレーナーを解約したことは以前のブログに書いた)
今までのストレッチは痛くて、身体が嫌がって余計に硬くなっていたような気がするのだが、
新しい担当者(私のマッサーである)のストレッチは痛くなく、ソフトで、しかも、
私の問題点(左は固いが丈夫、右は股関節が緩んでいて痛みが出ている)を触っただけで把握し、ケアしてくれる。
ほとんどのトレーナーは、硬い左足ばかりをケアしたがるのだが。さすが優秀。

で、次の日(今朝ですね)、背中からお尻にかけて痛くて起き上がれない。
たまりにたまった疲れが表面に出てきている。
定期的にケアして、動ける身体作りをしなきゃ。
あと2年。宣言したのだから、あと2年、全力を尽くして頑張る。テニス。(相変わらずフォア2度引きらしいし、サーブは安定しないし、ボレーはテンパるし。自分を信じるしかない)。

[PR]
by take_velo | 2016-06-25 11:38 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧