<   2017年 03月 ( 45 )   > この月の画像一覧

今日はいろいろ学んだよ、テニス

ガンガン打つ男性とラリーをするのは、楽しい。
その力を利用して、カウンターを返す。相手のミスを誘う。
長い間、私の強みだった。

「相手の方が先にミスをする人と打ち合っても、練習にならないよ」と、SPコーチ。
う~ん。そうか。私の方が先にミスをする相手って、いわゆる「シコラー」である。
足が速くて、ふわん、ふわん、とボールをつないでくる女性たち。
でも、打ち合っていて楽しくない。

私が勝負できるのは、男性のような筋力ではなく、
「タケさんの場合は、スイングスピードで良いボールを打ってね」と、SPコーチ。
ふわん、と返されたら、頂点で叩く。相手の時間を奪う。
ボールの頂点で打つのは、技術的に難しいけれど、練習だと思って挑戦する。
面白くないはずのラリーが、自分の気の持ちよう次第でスリリングになる。

夕方、プライベートレッスンに行って、レディースのことを相談してみる。
「タケさんは、うまくなりたいの?勝ちたいの?
うまくなりたいんでしょ?今のままじゃ、勝てないよ」
うん。私は勝てなくてもいいの。
でも、コーチもそれでいいの?
「だから、いつもいいって言ってるでしょ。
ボクはタケさんに勝ってほしいと望んだことはありません」
でも、でも、コーチの生徒さんたちは、毎年全国に出てるじゃない。
「それは、タケさんがうまくなった時のこと。ずっと先のこと。
勝ちたいのなら、いつでも勝てるようにしてあげます。
タケさんに不足しているのは「なにがなんでも勝ちたい」という気持ち。
無いでしょ?」
無い。
「だから、あせらず、昨日できなかったことを今日できるようにしていきましょう」

そうなのだ。私がテニスに求めるのは、そこなのだ。
昨日できなかったことが今日できるようになる、その達成感。
日々、前に進んでいるという充実感。
いつまでも、不可能を可能にする夢を追い続けること、チャレンジすること。
それは、仕事にもつながっていく。

私という存在が丸ごと受け入れられるって、しあわせだ。
コーチというサポートに本当に感謝する。

PS サーブの支点は「肩」じゃなくて、「肩甲骨の下」だって、この説明が私の中にすとん、と落ちた。
あとは、安定したトス。
明日はオフにするから、明後日のレッスンが楽しみ(≧▽≦)

[PR]
by take_velo | 2017-03-08 20:39 | テニス | Trackback | Comments(0)

定年

美容院で雑談していたら、
「タケさん、そろそろ定年ですね」と言われた。

え?定年?
私は非正規雇用なので、定年はもっともっと先のこと。
でも、私と同学年の人たちは、定年まで秒読み段階に入ったんだそう。

私は日本で就職したことが無いから良く知らないんだけど、厚生年金は60歳の誕生日から?
来月(4月)に59歳になるから、なるほど、もうすぐだ。

ゆっくり老後を過ごしたいと思っていたけど、
私ってもう老人なのかな?本人に自覚全く無し。
自由になる時間が欲しい気持ちもするけれど、それでも仕事があるって幸せだ。

厚生年金の無い私は、死ぬまで働こう、それもまた人生。

PS 今年もテニス留学が決まりました。
1ヶ月の予定だったけど、やっぱり1週間にしました。
なんだか、レディーステニスの話を聞いて、
「私って、少し視野が狭くなっているのかも。
テニス以外にももっともっとやることあるよ、やらなきゃいけないこともあるよ」と、考え直しました。

[PR]
by take_velo | 2017-03-08 07:30 | つれづれに思うこと | Trackback | Comments(0)

レディーステニス

コーチにレディーステニスを打診された。
「申し訳ないけど、私に共通点はありません」

「レディース」とは、「家庭婦人」のことである。
私は結婚していないし、
自分で買った家に住み、自分の収入で暮らしている。
自分の名前で本を書き、
自分の名前で、世の中の理不尽に意見する。
世界に友人がいて、自分の名前で交流する。

人の生き方は、それぞれ自由だが、
主婦と言われる人たちに共感する部分が無い。

女子ダブルスは、もしかしたらするかもしれない。
Pコーチの言うように、ペアとの出会いが将来あるかもしれない。
私の知らないテニスの世界を知ることになるかもしれない。

でも、それは、レディーステニスの試合ではないと思う。
そうであって欲しい。
私がテニスをやめようと思う原因のひとつは、テニス以外の人間関係だから。
距離をおいておきたい。

[PR]
by take_velo | 2017-03-07 16:54 | テニス | Trackback | Comments(2)

あなたがうらやましい

村上春樹の『騎士団長殺し』に出てくる。

「私はあなたを見ていてよくうらやましく感じるのです。
あなたは望んでも手に入らないものを望むだけの力があります。でも私はこの人生において、望めば手に入るものしか望むことができなかった」(第2部、269ページ)

「望む」ために力が要るとは知らなかった。
私は、おバカだから、無理なこととわかっても欲しいという気持ちに歯止めがかけられない、
見果てぬ夢を見続ける、
不可能を追いかけ続ける。

最近、家人から、
「ママの脳は日本人じゃないから」と言われる。
朝起きてお日様の光を浴びると、日々私はリセットする。
嫌なことも気の滅入ることも忘れる。

たぶん、私は今日も進化できる、もっとテニスは強くなる(って、そこかい)

[PR]
by take_velo | 2017-03-07 11:09 | 最近読んだ本 | Trackback | Comments(0)

休まなきゃ(と思っても…)

自分のテニスに進化が見えだして、
ついつい「確認したいことがあるから」と、テニスの予定を入れる。
結果、毎日ラケットを握っている。(そして、毎週ガットを張り替える)

「故障するときは、調子のよい時」と、言われているので、どこかで休養日を入れなきゃ。

ジミー・コナーズの『アウトサイダー』を、やっと半分くらいまで読めたが、
なんで、彼はあんなに嫌われていたんだろう(まさに、アメリカの、テニス界の「アウトサイダー」だった)。
今のコナーズはテニス界の重鎮なのに。
フェデラーやナダルしか知らない私には、理解できない。
でも、観客のブーイングを自分のエネルギーに変える彼の強いメンタル、まさにファイター。
追い風も逆風さえも、自分の推進力にするのは、仕事でも同じ。

フェデラーが、錦織がグランドスラムを勝つために必要なことは何か、と尋ねられて、
「自分を信じる力、ポイントを取り切る力、勝つ自分をイメージする力」だと言った。

ブノアから、
「テニスは、脱力→加力、のリズムですべてのショットを打つことができる、力はいらない。
あなたに必要なのは、むしろ打つ前の脱力だ」と言われていた。

自分を信じる力も、脱力も、
十分な練習があってのこと。
でも、その練習さえも、元気な身体があってのこと。

今日も明日もプライベートレッスンは続きます。
クロスからストレートへの切りかえし、その後に返ってきたボールを決めきる展開力、
今日のテーマに。

[PR]
by take_velo | 2017-03-07 09:37 | テニス | Trackback | Comments(0)

ボールコントロールは強打よりも厄介だ

シングルスプライベートレッスンが、雨のために中止になるかもしれなかったので、
久しぶりに中級クラスに入った。
ほとんどの生徒が上級だと聞いていたので、いいかな。

男性は皆、強打してくる。
回転もかかっている。
でも、3本のうち1本どころか、2本のうち1本はミスしてくれる。
ラリーが楽だ。
女性は、スピンのかかったムーンボールで簡単に後ろに下げることができる。

SPコーチは、強打するわけでも、グリグリ回転をかけるわけでもないのに、
ゲーム練習になったら、私は全く歯が立たない。
どうしてあんなコースに打てるんだ、というような展開で、
ミスゼロ、本当にミスしないのだ!
ラインの上に全部のせてくる。
私が一番すごいな、と思うのは、
ネットより低い短いボールを、角度をつけて打ち込むこと。
どうしてネットを越えるんだろう?
ラケット面の微妙な角度調整らしい。
だんだん、私が無理をし出して、ミスを重ねるようになる。

ベテランの試合というのは、きっとこんな感じなんだろう。
私は強打するが、
ミスが多いので、相手は楽に勝つことができる。
何もしなくても、私が勝手に自滅する。

でも、SPコーチは、私に「もっと攻撃的になれ。ボールを入れに行くな」と言う。「その上で、ミスするな」と。
そのためには、攻撃できるボールとつなぐボールを見極めろ、と。

高い目標だけど、
ガンガン打ち合うのは楽しいけど、
球出しの段階から、しっかりコートに入れていくことを心がけた。
たまにはレベル別クラスレッスンもたのしい

[PR]
by take_velo | 2017-03-06 21:00 | テニス | Trackback | Comments(0)

ミックスダブルスと女子シングルス

ミックスダブルス4ゲームを、相手を変えて2セットした。

最初は、コーチ相手であった。
私も(男性)コーチもバックサイド側に入り、
私は、フォアハンドストロークでもバックハンドストロークでも、打ち勝って、
ゲームも勝った。
ダブルスは、好きでないけど、(特にバックサイド側に入った時は)やるべきことが大体わかっている。
10年もスクールにいて、ダブルスばかりしてきたから。

次は、若い男性相手だった。
その男性もバックサイドに入った。
私は、早い段階でストレートを打ち、
その男性がいつもカバーに入るので、
ストレートラリーになった。
打ち負けるとは思わなかったけど、
10回もラリーが続くと、何かを変えたくなって、私はいつもクロスロブを上げ、
後ろに下がっている女性に打ち込まれて、結果、ゲームも負けた。
ここでは、ショートアングルで展開を変えるべきだったかもしれないが、
男性の打つボールの質が良く、リスクが高すぎた。
(だって、私が前衛だったら、ストレートラリーが続くと、インターセプションしたくなるから。
クロスロブを上げられると、体勢が崩れるから、相手もそうだと思っていたのに)

次の日、女性とシングルスの練習をした。
私がサーブを打ち、相手がリターンしてからの形式。(ポイントは数えない)
リターンが短くなると、女性特有のスライスは返しにくい。良い練習になった。
そして、50球ほどサーブを打ったが、フォルトはほとんど無かった。
(ガットかな。
2週間ごとにX-Oneを張り替えるのは、大変だ(-_-;)
バック側からの(なんちゃって)スピンサーブは、ストレートに打ち込まれていた。
左サイドからのセカンドサーブ、課題だなあ。

[PR]
by take_velo | 2017-03-06 14:45 | テニス | Trackback | Comments(0)

ジュニアの運動連鎖に感嘆

夕方、ボクシングに行ったら、めずらしく(ジュニアの練習時間は大体決まっているから、その時間帯を外して私は行く)キッズが会長さんとミット打ちしていた。
足と股関節と肩甲骨の運動連鎖が素晴らしい。
身体は小さいんだけど、プロの選手の動きを彷彿させる。
コンパクトに、キレよく、遠くまでパンチが伸びている。
美しい。

縄跳びをしても、軽やかに延々と飛び続ける。
身体も細すぎず、柔軟で、無駄な肉が無い。

3年前、シングルス専科クラスに通っていた時、
横でジュニア選手クラスの練習をしていて、本当に参考になった。
ジュニアのコーチ(数々の選手を育て上げた有名コーチらしい)も、私のテニスをよく見ていらした。

今日は、連日のテニスで疲れがたまっているので、休養がてらのんびりと過ごしてから、
シングルスプライベートレッスンに行ってきます。
雨は大丈夫そう。
身体をしっかりと使って、いや、まず身体をもう少し鍛えなきゃ。


[PR]
by take_velo | 2017-03-06 09:45 | ボクシング | Trackback | Comments(0)

ノルディックウオーキング初参加

a0112944_13480776.jpg

大きな大会としては初めてになるらしいノルディックウォーキングフェスタ、
受付初日に定員に達し、急遽定員を3倍に増やしたんだそう。
スティックも貸してもらえ、
水もタオルも歩数計ももらえ、
最後にはぜんざいも。
ランが好きなんだけど、ウオーキングも楽しいよ\(^^)/

1時間ばかりゆっくり歩き、完歩証を渡され、記念撮影まで。
a0112944_13480844.jpg


もう一周してもいいかな。
元気有り余っているので、これからボクシング🥊、そしてテニスも🎾。

お腹すいたよ〜。
[PR]
by take_velo | 2017-03-05 13:38 | Trackback | Comments(0)

何かが良ければ何かが調子を落とす

今日は、男子シングルスに入れてもらい、ゲームをする。

サーブは最後までしっかり打てていた。
その代わりに、ストロークが崩れてる。
回転がかからずアウトする。

3セット目入って、オンコートコーチングを受け、
短いボールに対しても手打ちで入れに行かずに、ショートラリーの要領で振り切っていけ、と言われた。
自分のテニスを取り戻す。
5本打ったら、エースが2本、ふかしてアウトが3本、
ミスの方が多い結果、カウントは以前より悪くなる。
でも、練習だからいい。
今の私は、振り切ることと力むことの違いがまだよくわかっていない、難しい。

Pコーチは、サーブ練習を必ずレッスン最後にする。
足がフラフラな状態でサーブを打たせる。
「タケさん以外のレッスンは、サーブから始めるんですけどね」
だから、体幹軸が安定せず、サーブも安定しない。

今日は、ゲームカウントがせった中での3セットゲームで、
2時間全く休憩無し、しかも、相手男性は足が速く、いつもより2本3本ラリーが長くなる。
自分のファーストサーブが入ると、本当に救われる。

サーブ、頑張ろう、
足が無くなった3セット目に、サーブという武器が残っていたら、どれだけ有利か。
あるいは、早い段階でサービスゲームを取ることができていたら、
リターンを落ち着いてリラックスして攻めることができる。

PS 昨日、男子ダブルスの後、
腰と尻の指圧を受けました。
疲れがミルフィーユ構造に(古い疲れの上に新しい疲れが重なって)溜まっているので、鍼がいいよ、と言われたけど、
鍼って、ちょっと怖い。
でも、注射が平気(痛くない)私は、鍼が合っているんだそう。

[PR]
by take_velo | 2017-03-04 11:34 | テニス | Trackback | Comments(0)

テニス・ボクシングのことを中心に思うことをつづってます。Pコーチはプライベートコーチの略、SPコーチはシングルスプライベートコーチの略です。長ったらしくなるので。


by タケ
プロフィールを見る
画像一覧